加藤清正

加藤清正は、豊臣秀吉子飼いの家臣で「賤ヶ岳七本槍」の一人です。朝鮮の役では、虎退治をしたという伝承が残っています。また、築城の名人としても知られ熊本城は勿論、江戸城・名古屋城など数々の築城に携わっています。

全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています
全 [8] 商品中 [1-8] 商品を表示しています

蛇の目

蛇の目(じゃのめ紋)は「弦巻紋」の一種です。 弦巻は弓の弦を巻着付けるための武具で、その形状が蛇の眼に似ていることから、蛇の目と呼ばれるようになりました。